日本国際知的財産保護協会からのお知らせ

戻る

国際知財司法シンポジウム2022
Judicial Symposium on Intellectual Property / TOKYO 2022 - JSIP 2022
~日米欧における知的財産紛争解決~



AIPPI会員の皆様


この度、当協会が後援している「国際知財司法シンポジウム2022」に関するご案内を頂きましたので、お知らせいたします。


~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.~.

知財紛争に関する司法判断や近時の知財トピック等について、各国の法曹関係者や審判官が模擬裁判やディスカッションを行う「国際知財司法シンポジウム」を今年度も開催します。

6回目の開催となる今回は、日米欧における知的財産紛争解決に関する最新の議論と課題について、充実したプログラムを提供する予定です。


【開催概要】

【開催日】

 2022年 10月27日(木)、28日(金)


【プログラム】 

[10月27日(木)14:00~17:30]

裁判所パート ~模擬裁判とパネルディスカッション

①複数主体による特許権侵害の国際比較

②民事紛争解決手続の多様化とその課題


[10月28日(金)14:00~18:00]

特許庁パート ~講演とパネルディスカッション

①特許権に対する無効・異議制度の実情

②仮想事例に基づく訂正要件判断の国際比較


※プログラムの詳細や資料等は専用ホームページhttps://wwwjsip-tokyo.go.jp

(9月上旬開設)をご覧ください。


【パネリスト】
日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、欧州特許庁の裁判官・弁護士・審判官

【言語】
日本語・英語(日英同時通訳)


知財紛争に関する司法判断や近時の知財トピック等について、各国の法曹関係者や審判官が模擬裁判やディスカッションを行う「国際知財司法シンポジウム」を今年度も開催します。本シンポジウムは、2017年(平成29年)にスタートし、我が国の知財司法制度はもとより、海外諸国の制度に関する最新事情を提供する画期的なイベントとして毎回大変多くの方からご好評いただいております。
6回目の開催となる今回は、日米欧における知的財産紛争解決に関する最新の議論と課題について、充実したプログラムを提供する予定です。


【会場】
弁護士会館 2階講堂クレオ
東京都千代田区霞が関1-1-3(東京メトロ「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
※会場でご覧いただくほか、インターネット同時配信を視聴いただくこともできます。
※専用ホームページからの事前登録が必要となります。


【主催】
最高裁判所 知的財産高等裁判所 法務省 特許庁 日本弁護士連合会 弁護士知財ネット

【後援】
外務省 国際民商事法センター 知的財産戦略本部 日本経済団体連合会
日本国際知的財産保護協会 日本知的財産協会 日本弁理士会 日本貿易振興機構

※会場でご覧いただく場合には、写真や動画(中継・アーカイブ)に映り込む可能性があります。あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症の影響等により、日時、開催方法等については変更となる可能性があります。

★なお、本講演会に関するお問い合わせは、専用ホームページから直接お願いいたします。

【本講演会に関するお問い合わせ先】

専用ホームページhttps://wwwjsip-tokyo.go.jp
    

-----------------------------------
AIPPI JAPAN
事務局
TEL: (03)3591-5303/FAX:(03)3591-1510
東京都港区虎ノ門1-14-1
郵政福祉琴平ビル4F
-----------------------------------




ダウンロードファイル 【0826更新】国際知財司法シンポジウム2022チラシ(後援あり)

戻る

日本国際知的財産保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-14-1 
郵政福祉琴平ビル4階
TEL:03-3591-5301
FAX:03-3591-1510


↑このページの先頭へ