セミナー・講演会のご案内

戻る

AIPPI・JAPANセミナー
「米国特許訴訟の最新情報」




当協会では、主要各国に事務所を持つジョーンズ・デイ法律事務所より、3名の米国弁護士をお迎えして、下記セミナーを開催することになりました。講演内容は以下の通りです。


1.特許権の国際的消尽 (International Patent Exhaustion)

講演者:William Devitt 弁護士

Lexmark Intern., Inc. v. Impression Products, Inc.事件において、連邦巡回控訴裁判所は、大法廷において、(1)販売者はその特許権を用いて、製品の再販売及び再使用の両方を防ぐことができ、(2)許諾された米国外における製品の販売は当該製品にかかる米国特許権を消尽させるものではないという判断をあらためて是認しました。この争点の重要性に鑑みると、Impression社は最高裁判所へ上告受理の申し立てをするものと思われます。本セッションでは、連邦巡回控訴裁判所の判断の内容と、この論点に関して最高裁判所がどのような判断をすると考えられるのかについてお話いたします。


2.弁護士・依頼者間の秘匿特権 (Attorney-Client Privilege)

講演者:浅地 正吾 弁護士

知財訴訟を含む米国訴訟全般において、弁護士・依頼者間の秘匿特権は極めて重要です。日本の弁理士について米国の弁護士・依頼者間の秘匿特権としての保護を受けられるか否かについては、近年いくつかの米国裁判所がこれを是認する判断が出されておりますが、未だ不確かさが残っている状況でした。注目すべき判決として、2016年3月7日のKingston所在のQueen's Universityの事件において、連邦巡回控訴裁判所は、長年にわたって曖昧であった米国においてPatent Agentに秘匿特権が認められるかの問題について、当該秘匿特権を認めることを明確にしました。本セッションでは、Queen's Universityの事案と、本事案が日本の弁理士に対する米国における弁護士・依頼者間の秘匿特権の適用にかかる問題にどのような影響を与え得るのかについてお話いたします。


3.誘引侵害 (Induced Infringement)

講演者:David Maiorana 弁護士

誘引侵害に関する問題、特に被告がどの程度まで認識していれば責任を負うこととなるのかについては、依然として関心の高い論点です。10年以上にわたる裁判所での審理にもかかわらず、Akamai v. Limelight事件は、依然として未解決の疑問を含んでおり、最高裁判所で再度審理されることになるかもしれません。本セッションでは、誘引侵害に関する近年の法適用の現状を、最近の裁判例も交えてお話いたします。 


今回のセミナーは、企業知財部や特許事務所にご勤務の方で米国特許及び商標実務に携わっておられる皆様にとって、米国特許訴訟の最新情報を具体的に知る非常に良い機会ですので、多数の皆様にご出席頂きたく、ご案内申し上げます。


※当協会は、弁理士会継続研修の認定外部機関として認定を受けていますと共に、本セミナーについても外部機関研修として申請中ですので、3.0単位が認められる予定です。ご希望の方には受講証明書を発行致しますので、申込の際、弁理士登録番号と共に予め事務局までお申し出下さい。なお、弁理士登録番号と登録のお名前に相違がございますと、単位認定手続きが却下されてしまいますのでご確認くださいませ。セミナー終了後、証明書をお渡しします。

1.開催日時: 平成28年4月22日(金)13:30~17:00

2.会場: 霞山会館 霞山の間
               (東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館37階)
               (地図)http://www.kazankk.org/access/access.html

3.講演者:
JONES DAY 
米国弁護士 William Devitt 氏
米国弁護士 浅地 正吾 氏
米国弁護士 David Maiorana 氏

4.使用言語: 英語→日本語(逐次通訳)

5.受講費: 会員5,000円(会員以外の方10,000円)
※お支払いは、当日受付にて申し受けます。
※なお、キャンセルの場合は前日までにご連絡ください。
当日のキャンセル及びご連絡がなくご欠席の場合は会費を請求させていただきます。
※個人会員の方から代理者を参加させる旨の申し入れがあった場合は、代理者の会員受講費での参加を認めます。参加申込書には参加される方の情報をご記入下さい。また、個人会員の方の氏名を「その他ご要望等」欄にご記入下さい。例)会員○○○○の代理
※金沢工業大学大学院の教員、学生の方々は、上記会員受講費(5,000円)で受講頂けますので、参加申し込みフォームの「その他ご要望等」欄にその旨をご記入下さい。

6.定員: 70名

ダウンロードファイル 20160422_Seminar download

セミナー及び講演会の申し込み方法

参加のお申し込みは、各セミナー及び講演会専用の申し込みフォームから、必要事項をご記入の上、お申し込み願います。
お申し込みいただいた方には、フォームに記載されたメールアドレスへ受付メールが送信されます。
なお、当日は送信されました受付メールをお持ちいただき、受付にてお渡し下さい。

※受付メールには受付NOが表示されております。

セミナー、講演会に関するお問い合わせ

セミナー事務局 (電話:03-3591-5303(直通)/FAX:03-3591-1510)
までお願いいたします。

戻る

日本国際知的財産保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-14-1 
郵政福祉琴平ビル4階
TEL:03-3591-5301
FAX:03-3591-1510

アクセスマップ


↑このページの先頭へ