一般社団法人日本国際知的財産保護協会

AIPPI日本部会としての活動1

AIPPI本部会の活動、国際総会及び執行委員会への参加及び協力

  • AIPPI国際総会
  • AIPPI執行委員会
  • AIPPIフォーラム

これらの国際会議やフォーラムに参加し、知的財産権に関する法律の改正や運用上の諸問題に関して議題の審議やフォーラムなどを通じて、我が国の立場や状況を主張する重要な役割を果たしています。


また、本部の運営理事会、プログラム委員会、議題委員会のメンバーとして多くの日本の会員が選出され、本部の運営においても活躍しています。現在、日本部会から本部運営メンバーに選出されている方は右記の通りです(2017年1月現在)。

また、議題の検討を行うWorking CommitteeやSpecial Committeeにも数多くの会員が、そのメンバーとして活動しています。
上記、国際総会やフォーラムには一般会員も参加、隔年で開催される国際総会には、日本から毎回200名を超える会員が参加し、議題の審議や懇親の場を通じ我が国の国際化に大きく貢献しています。

  • Second Vice President 奥山 尚一氏
  • Program Committee 窪田 英一郎氏
  • Finance Committee 本多 広和氏
  • Communications Committee 副田 圭介氏
  • Venue Selection Committee 江幡 奈歩氏
  • Nominating Committee 吉田 和彦氏
  • Membership Committee 岡部 譲氏
  • In-House Committee 明谷 早映子氏

委員会活動

AIPPIの国際総会及び執行委員会で審議される議題に関する日本部会の意見集約のためや海外の団体との交流を円滑に行うためなど、適宜、目的に応じて設置される委員会の活動により、国際会議における討議への参加や海外の団体との積極的な交流が行われ、知的財産の国際的な発展に大きな役割を果たしています。
現在、右記のような各委員会が活動しています。

  • AIPPI各種議題検討委員会
  • 海外団体交流委員会
  • ソフトウエア特許研究会
  • In-House委員会
  • 依頼者・代理人間の通信秘密に関する委員会

AIPPIの各国部会及び他の海外団体との交流

国際間に存在する諸問題を民間レベルで相互に確認し、そのあり方を討議し、条約や各国制度・運用に反映させることを目的として、海外の知的財産関係機関及びAIPPI各国部会との交流を続けています。特に中国及び韓国の部会とは、毎年一回、日中韓の定期会合を持ち、ロシア連邦(旧ソ連邦)のAIPPI部会とは長期にわたって定期的な会合をもっている他、AIPLA、Max Planck研究所、CASRIP研究所をはじめ、当該分野の欧米の団体・大学・研究機関等と随時交流を重ねています。

日本国際知的財産保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-14-1 
郵政福祉琴平ビル4階
TEL:03-3591-5301
FAX:03-3591-1510

アクセスマップ


↑このページの先頭へ